便秘と体臭の関係

便秘になると体臭が臭くなる?気になるその理由とは?

便秘と体臭の関係

 

体臭の原因の一つに、便秘があります。

 

しかも、便秘が原因で起こる体臭は
便のニオイがしてしまうんです...

 

体から便の臭いがしてしまうなんて、
本人だけでなく、周りの人にとっても
それはもう恐怖でしかないですよね。

 

 

では、なぜ便秘が「便の臭いがする体臭」を引き起こすのでしょうか?

 

 

便秘で体臭が出やすくなってしまう理由

 

便秘になると体臭が出やすくなってしまう理由は、
便が長く腸内にとどまってしまうからです。

 

腸内に長く居座り続けた便は、発酵・腐敗が進んでいきます。

 

また、発酵・腐敗が進んだ便からは、
有害物質が発生してしまいます。

 

そして、この有害物質が、腸壁から吸収されて
血液に混ざってしまうと、便から発生した有害物質が、
血液の流れに乗って全身を巡ってしまうんです。

 

 

ちなみに、有害物質の一部は内臓で解毒されますが
汗腺まで届いてしまったものは汗と一緒に体外に排出されてしまいます。

 

これが、便臭がする体臭の正体です。

 

 

恐ろしいことに、この便臭は
吐く息と一緒に体外に放出されることもあるんです。

 

つまり、口からも便臭がしてしまうということですね...

 

 

便秘の原因

 

便秘は食生活も大きく関わってきますが、
体臭の強い人が便秘になってしまっている場合、
ストレスも原因の一つとして考えられます。

 

なぜなら、便臭以外の体臭には、
ストレスが原因で起きているものもあるからです。

 

 

ストレスで自律神経が乱れると、
交感神経が優位に働いてしまう場合がありますが、
実は交感神経は「汗腺」や「皮脂腺」を刺激して
汗や皮脂の分泌を活発にしてしまうんです。

 

 

すると、汗は雑菌に分解されると臭いを発生させてしまい、
皮脂も酸化すると強い臭いになってしまいます。

 

つまり、汗の臭いや皮脂が酸化した臭いがする人は
ストレスによって体臭が強くなってしまっている可能性があるんですね。

 

 

そして、便秘もストレスが引き金になっている可能性があります。

 

便を押し出して体外に排出させるためには
腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)を行う必要がありますが、
ストレスで自律神経が乱れると、蠕動運動もうまく働かなくなってしまうんです。

 

そうすると、便を押し出す力が弱まり、便秘になってしまうという訳なのです。

 

 

最後に

 

便秘が原因の体臭は、便の臭いがしてしまい
とても辛い思いをしてしまいます。

 

便臭がする体臭が原因でストレスがたまり、
さらなる便秘を招いてしまい、悪循環になってしまう可能性もあります。

 

なので、普段から便秘気味の方は、体臭対策と合わせて、
ストレスの解消や食生活の改善にも取り組んでくださいね!

 

 

【男のための体臭講座 第6話】

 

⇒ ストレスが体臭に与える3つの影響とは?