体臭の原因と種類

意外と分かりづらい、体臭の原因と種類について

体臭の原因と種類

 

「あれ、もしかして俺って臭いかも・・・」

 

そう思ったらまず体臭の種類を知ることが大切です。

 

なぜなら体臭の種類によって、
その「原因」も違うからです。

 

体臭の対策を立てるためにも、
まずは自分の体臭の種類と原因を特定しましょう。

 

 

体臭の種類と原因

 

体臭と一言でいっても様々な種類があり、そこにはいろいろな原因があります。

 

 

汗が原因の体臭

 

汗が分泌する汗腺には2種類あります。

 

「エクリン腺」 

 

エクリン腺から分泌される汗の成分のほとんどは水分。

 

サラサラとしていて無臭ですが雑菌に分解されると臭いがします。

 

とはいっても、臭いはそこまで強くなく、
通常の「汗臭さ」はこのエクリン腺から出る汗が原因です。

 

 

「アポクリン腺」

 

アポクリン腺から出る汗には「たんぱく質」「脂質」「アンモニア」
などが含まれています。

 

粘り気があり、臭いはありませんが雑菌に分解されると
「ワキガ臭」と呼ばれる強い臭いを放ちます。

 

 

エクリン腺・アポクリン腺から出る汗は雑菌に分解されて
臭いを放つまでに通常1時間以上かかると言われています。

 

 

ミドル脂臭

 

「強烈な油臭さ」が特徴の「ミドル脂臭」。

 

加齢臭と間違えられがちですが「加齢臭」よりも強烈な臭いです。

 

名前に「脂」が入っていますが原因は「汗」に含まれる「乳酸」です。

 

血行不良によって血中の酸素濃度が下がってしまい
乳酸が発生してしまうことが原因です。

 

 

皮脂が原因の体臭

 

加齢臭

 

「皮脂腺」から分泌される「脂肪酸」と「過酸化脂質」が
結合し分解され酸化して加齢臭のもととなる
「ノネナール」という物質になります。

 

年齢を重ねるにつれ「酸化」に対する抑制力が低くなってしまい
「脂肪酸」と「過酸化脂質」の分泌量が増えてしまうのが原因です。

 

ですから若い人にはない臭いのため「加齢臭」と呼ばれ
「油臭さ」「古本のような臭い」が特徴です。

 

 

汗と皮脂の両方が原因の臭い

 

疲労臭

 

本来は体内で分解されて「尿」として排出されるはずの「アンモニア」

 

「疲れ」や「生活習慣の乱れ」によって肝臓の働きが弱まると
アンモニアを処理する能力が低下してしてしまいます。

 

そして、肝臓で処理しきれなかったアンモニアが
「皮脂」や「汗」と一緒に体の外に出てしまい臭うのが「疲労臭」です。

 

疲労臭の特徴は分泌された瞬間に「アンモニア臭」がすることです。

 

 

代表的な体臭の種類を挙げてみましたが、いかがでしたか?

 

自分の体臭がどれに当てはまるのかを知って
ぜひ「体臭対策」を立ててみて下さいね!

 

 

【男のための体臭講座 第2話】

 

⇒ 男性のほうが体臭が臭いってホント?その理由とは?