胃腸と体臭

内臓が原因で臭う?意外に知らない胃腸と体臭の関係とは?

胃腸と体臭の関係

 

内臓の不調が体臭の原因になるって
ご存知ですか?

 

特に胃や腸の不調のせいで発生する体臭は
「普段体臭が気にならない」という方でも
人ごとだと思ってはいけません。

 

なぜなら、「胃痛」や「便秘」など、
胃や腸は様々なトラブルを抱えやすい臓器だからです。

 

 

胃が原因の体臭

 

「卵が腐ったような臭い」が体から臭ってきたことはありませんか?

 

この臭いの原因は、もしかして胃の不調かもしれません。

 

 

胃の働きが悪くなると消化不良を起こしてしまい
胃の中に消化しきれなかった食べ物が残留してしまうことになります。

 

この食べ物が発酵して、卵の腐ったような臭いになるんです。

 

 

この臭いは口臭として口から排出されるだけでなく
腸から血液に吸収されて全身に回ってしまいます。

 

そして、全身から排出されてきつい体臭になってしまうんです。

 

 

腸が原因の体臭

 

腸の調子が悪くなると
なぜ体臭が発生してしまうんでしょうか?

 

 

腸には「栄養分や水分を体内に吸収し、
残りを便として体外に排出させる」という大きな役割があります。

 

腸は吸収した栄養分を血液に取り込み全身に送り出しているんですが、
この血液に「臭い物質」が混ざってしまうことがあります。

 

 

すると、臭い物質も栄養分と同じように、
身体中を巡り体外に排出されて強い体臭となってしまいます。

 

このように、血液に臭い物質が混ざってしまう原因が
腸の不調なんです。

 

 

また、腸内で臭い物質が発生してしまう主な理由は
「悪玉菌の増加」と「蠕動運動(ぜんどう)の悪化」です。

 

 

悪玉菌の増加

 

腸内で悪玉菌が増加してしまうと、
便を発酵・腐敗させてしまいます。

 

この腐敗臭が血液に取り込まれると、
体臭として体外に排出されてしまのです。

 

 

蠕動運動の悪化

 

「蠕動(ぜんどう)運動」とは便を肛門へと押し出す運動のことです。

 

この蠕動運動が悪くなると
便が腸内により長くとどまることになります。

 

そうすると腐敗や発酵が進み、
腐敗臭のする体臭の原因になってしまうのです。

 

 

胃や腸が不調になる原因

 

では「体臭の原因となる胃や腸の不調」は
なぜ起こってしまうんでしょう?

 

 

それはストレスが大きく関係していると言われています。

 

 

強いストレスを長く感じていると「自立神経の乱れ」を
引き起こしてしまいます。

 

自立神経の乱れの影響を受けやすいのは
胃や腸などの内臓です。

 

 

なぜなら、内臓は自律神経にコントロールされているからです。

 

ストレスによって自立神経が乱れると
胃腸は本来の機能をうまく果たすことができず
結果として体臭を発生させているんです。

 

 

最後に

 

胃腸の不調による体臭は誰にでも起こり得ます。

 

ストレスを感じない生活をすることなんて
不可能に近いですからね。

 

ですから、もし体臭が急に強くなったと感じたら、
ストレスによる「胃腸の不調」を疑ってみてもいいかもしれませんよ。

 

 

【男のための体臭講座 第5話】

 

⇒ 便秘になると体臭が臭くなる?気になるその理由とは?