デオラの成分

デオラの成分の詳細!販売ページからは分からない真実!

デオラの成分

 

やはりボディーソープとは言え、
毎日使うもので、身体に触れるものなので、
その成分はちょっと気になりますよね?

 

デオラに使われている成分は
販売ページでも紹介されていますが、
本当のところはどうなのか?

 

その真実を独自に調べてみました。

 

 

デオラの成分の詳細

柿タンニン

 

柿タンニン

 

柿タンニンはニオイ対策として、
最近ではもはや当たり前なほど知られていますよね!

 

 

柿タンニンは、悪臭の成分と結合して別の成分に変わることで、
悪臭を元から絶つ高い消臭効果があると言われています。

 

また、殺菌や防菌効果もあり、汗や古くなった角質の発酵を抑えることでも、
悪臭の発生を抑える効果があるようです。

 

 

茶葉エキス

 

茶葉エキス

 

茶葉は、古くから日本でも、
消臭剤として使われてきた歴史があります。

 

畳の上に飲んだ後の茶葉を撒いて
掃除するというのが、よく行われていたようですよ。

 

中でも茶葉に含まれるカテキンに消臭効果があると言われており、
悪臭成分を化学的に分解するメカニズムになっているようです。

 

 

ミョウバン

 

ミョウバン

 

ミョウバンも消臭効果があるものとして有名で、
最近ではミョウバン水の足湯などが話題になりました。

 

特にアンモニアに対する消臭効果があるようで、
世界でも最も古くから使われてきた
デオドラント剤とも言われています。

 

 

葉緑素(フラボノイド)

 

葉緑素(フラボノイド)

 

フラボノイドは、口臭予防として
ガムなどにも使われることがあります。

 

フラボノイドはポリフェノールの一種であり、
抗酸化作用もあることから、雑菌の繁殖を抑える
効果があると言われているようです。

 

 

シクロデキストリン(トウモロコシ由来成分)

 

シクロデキストリン(トウモロコシ由来成分)

 

シクロデキストリンは環状オリゴ糖の一種で、
嫌なニオイなどを内側に取り込み、
それを感じさせない効果があると言われています。

 

僕も始めて聞いた名前の成分でしたが(笑)
数々の消臭グッズにも使われているようですね。

 

 

植物油脂

 

身体を洗う石鹸には、主に植物性と動物性の油脂を使ったものがありますが、
デオラは植物油脂を使ったボディーソープです。

 

動物性に比べると、肌に優しく、泡立ちが良くてサッパリしており、
特に脂性肌の方に適していると言われています。

 

 

ヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸は化粧水にも使われている潤い成分ですね。

 

実は、体臭の原因の一つとして、洗い過ぎによる肌の乾燥もありますので、
洗浄と同時に保湿もできるのは、非常にありがたいと思いますよ。

 

 

ハトムギエキス

 

僕の中での「ハトムギ」のイメージは、
これまでは『お茶』しかありませんでしたが(笑)
漢方では美容対策として、古くから使われてきたようですね。

 

特にアミノ酸が豊富に含まれているようで、
これが美肌に効果的とも言われているようです。

 

 

『STORIA(ストーリア)』と同じ香り

 

STORIA(ストーリア)

 

最後に、これはデオラの販売会社である
株式会社アールスタイル(アンドジーノ)の
人気の香水『STORIA』と一緒の香りになっています。

 

柑橘系とグリーン系の香りで、
女性が好む匂いと言われています。

 

とは言え、決していやらしいほど臭うわけではなく、
本当にほのかに香るような感じなので、ご安心ください。

 

 

以上が、デオラに入っている成分になっています。

 

これらは公式ページでも紹介されていますので、
合わせてチェックしてみて下さいね!

 

⇒ デオラの公式サイトはこちら