運動不足と体臭の関係

運動不足で体臭が臭くなるのはどうして?

運動不足と体臭の関係

 

運動をしている人が汗を大量にかいていても
「爽やかな汗」っていうイメージがありますよね?

 

それに比べ普段運動をしなさそうな人がかく汗は、
なんとなく「汗臭そう」って思っちゃいません?

 

 

でも、このイメージはあながち嘘でもないようです。

 

実は、普段運動している人の汗は臭いにくく、
運動不足の人の汗は臭いやすいというのは、
ちゃんとした根拠のある話なんです。

 

 

運動と体臭の関係

 

筋肉の衰え

 

運動不足の人が臭いやすくなってしまうのは
筋肉の衰えに原因があります。

 

運動をせず筋肉が衰えてしまうと、
血行が悪くなってしまうからなんです。

 

 

血液は心臓から送り出されますよね。

 

心臓から送り出される血液の役割の一つが
全身に「酸素」を供給することです。

 

 

心臓から送り出された血液は体の中心部では勢いよく流れますが、
心臓から離れるに従い勢いを失ってしまいます。

 

そのため、筋肉がポンプのような役割をして
血液を手の先や足の先まで送り届けることになります。

 

 

ですが、運動不足で筋肉が衰えている人は、
筋肉がポンプの役割を十分に果たすことができません。

 

そうすると手や足の先まで十分に血液が行き渡らなくなり
「抹消組織」に酸素が供給できなくなってしまうのです。

 

 

汗に含まれるアンモニア

 

汗腺は抹消組織の一つです。

 

酸欠になってしまった汗腺には
「乳酸」と「アンモニア」がたまってしまうんですが、
このアンモニアが問題です。

 

アンモニアは汗と一緒に体外に放出されると、
とても強いニオイを放ってしまうんです。

 

 

しかも、アンモニアを含む汗は体臭の原因となる
雑菌が好むアルカリ性に傾かせてしまうことになります。

 

アルカリ性の肌環境のせいで雑菌も増えてしまうため、
体臭はさらに強くなってしまうという訳です。

 

 

運動をする人の汗が爽やかな理由

 

汗の原料は血液です。

 

汗腺に取り込まれた血液は
汗に必要な成分以外は血液に再吸収されることになります。

 

 

この再吸収がうまくいっている汗は
雑菌の餌となる栄養分をほとんど含んでいないため、
体臭の原因になりにくいんです。

 

逆に運動不足になると再吸収がうまくいかず
「雑菌の餌になる栄養分」をたくさん含んでしまうため、
ニオイを出しやすい汗になってしまうんですよ。

 

 

運動を習慣化している人は汗をかく機会が多いため、
再吸収のうまくいった「いい汗」をかくことができるんです。

 

ですから運動をしている人はたくさん汗をかいても臭くなりにくく、
「爽やか」なイメージをもたれやすいんですね。

 

 

最後に

 

運動不足は体臭の原因になってしまいます。

 

体臭が気になり、運動不足を自覚している人は、
体臭対策のためにも、ぜひ運動を取り入れるようにしてみて下さいね!

 

 

【男のための体臭講座 第8話】

 

⇒ デキる男は臭わない!?睡眠不足が体臭を増幅させる理由とは?